夢占いと、今日見た夢の話

今日の午後に見た夢といいますと、自分が生活保護を受けていて、周りのバリバリ働く人から、バカにされて、その後に、知り合いの人から「○j○(自分O)、おめー生活保護かよ。まあいいや」という夢でした。

結構、引きずっていましたよ。親が暇つぶしに来て、話していったのすが、結構夢をひきずっていて、中々立ち直れる事がありませんでした。

前のブログでも書いたのですが、ちょっと前まで、生まれた自分の小田原の方の家の夢を、よく見ていました。若い自分が、神奈川県の横浜よりに行ったりして、それで夢を追うというものでしたが、今は住んでいる所の夢がほとんどですね。

夢というのは、深層心理を思い出すという話らしいので、きっと、生まれた所に、もう縁がないだとか、色々とあったのでしょうね。

占い師など、興味もありませんから、夢占いなどは信じませんが、夢を見る理由やそういったものが、後で科学的に出されるかもしれませんね。

そういえば、知人は結構占い師に見てもらっているのだそうですが、占い師というと、うちの祖父が、よく手相を見せてみろと言って、大して当たってもいない、要するに、無職故の暇つぶしになっていたのを思い出して、全く、占いというものは信じていません。