秋の季節に近づき気がつくこと

暑い夏が終わり、紅葉の秋になる目前の季節の変わり目は、どんよりした曇り、にわか雨が多く、時間によっての明るさも同じなので、他の季節に比べて、1日が早く経っているように思います。

出かけ先で、にわか雨が降り足元は滑りやすく、目の前は見えにくく、近くのコンビニエンスストアで、傘を買おうと思ったり、急いで自宅に帰ろうとして、急ぎ足で滑ったりすることがないように気をつけたいと思います。

10月半ばになると晴れたピクニック日和もあると思うので、それを楽しみに待とうと思います。

秋になると旬の魚が食べられることも嬉しいです。食欲の秋とも言われるので、他の季節よりも食欲があるような気もします。自分だけでなく、家族みんながそのように見えます。

もうひとつは、睡眠がゆっくりとれることです。暑さもなく、ゆっくりと穏やかに睡眠がとれます。日中もウトウト眠たいときもありますが、穏やかな気候のためと暑さの疲労もないためです。

9月に入って、暑さがひいてきたので、ハーブの種を植えてみました。2週間で芽を出しましたが、それ以上は、成長しようとしません。成長に時間がかかるのは、風や気候のバランスと思いますが、ゆっくり成長してくるといいと思います。

読書や手芸、絵画など、この静かな季節に、集中してできることに挑戦してみることもいいと思います。

自分自身は、季節変わらずに、普段通りの日中を送っています。