気になる首イボのセルフケア方法

首イボができてしまう理由

30代辺りから首やデコルテ辺りにポツポツと首イボが目立つようになってきます。
主に加齢が原因になっていて、古い角質などが排出されにくくなりイボになってしまいます。

ウイルス性のものではなく良性の老人性イボと呼ばれるものですから、移ったりする心配はありません。
しかし、見た目が気になりますから、セルフケアで治せるものなら治してしまいたいものです。

摩擦と紫外線を防ぐ

首イボケアに重要なのはこれ以上イボを増やさず、できてしまったイボを取り去ることです。
そのため、イボができやすい状態を避けるのが重要です。

首は衣類やアクセサリー、マフラーなどの小物とのこすれで刺激を受けやすいです。
刺激で肌がダメージを受けてしまうと首イボができやすくなりますから、まずは摩擦を避けるようにしましょう。

また、紫外線はあらゆる肌トラブル悪化の原因になります。
首イボにも作用してしまって、紫外線を浴びるとイボが濃くなったり数が増えてしまいますから、首やデコルテの紫外線対策は怠らないようにしましょう。

首イボ専用クリームのすすめ

化粧品も様々なものがあり、首イボ専用のクリームも販売されています。
固くなった表面の角質を柔らかくしてくれてイボを排出しやすくしてくれますし、保湿効果でしっとりと美しい肌をキープしやすくなります。

また、新陳代謝を活発にする作用がありますから、ターンオーバーが活性化されてイボを排出しやすくなります。
20歳で28日周期のターンオーバーも、40歳になると60日周期になってしまいます。
代謝を上げることでこの周期を早めることができますから、それだけイボを排出しやすくなります。

イボ対策の定番ヨクイニン

イボといえばヨクイニンと言われるほど定番成分となっているのがこの成分です。
首イボ専用クリームのメイン成分として、たいていのクリームに配合されています。

角質を柔らかくして肌の回復効果を高めてくれて、保湿効果も持っています。
また、ヨクイニンに含まれているコイクノライドという成分は、ポツポツの腫瘍のようなものにしっかりと働きかけてくれます。

また、ヨクイニンは錠剤タイプもありますから、インナーケアとして用いると効果的です。
サプリメントや医薬品を飲むのに抵抗がある方ははと麦茶でも同様の効果が得られます。

新陳代謝アップに良い杏仁オイル

杏仁オイルも首イボ専用クリームに良く含まれている成分です。
肌になじみやすい脂肪酸が含まれていて、しっかりと肌を保湿してくれて潤いを与えてくれます。
また、新陳代謝をアップする働きがありますから、古い角質と共に首イボを排出しやすくしてくれます。

セルフケアで首イボを撃退

いくら良性でも見た目が気になる首イボをきれいにしたいなら、生活習慣に少し気をつけながら、専用のケア用品を使うのがおすすめです。
首イボクリームは種類もいくつかありますから、自分の肌に合うものを取り入れて毎日ケアしていきましょう。
ただ、ターンオーバーと共に首イボは取れるものなので、加齢によってターンオーバーが遅くなっていますから継続して使うのが大切です。

>>艶つや習慣の効果と口コミ!最安値販売店はamazon?楽天?