ニキビを根本から解決するために

pic_g010
私は昔からニキビに悩まされてきましたが、最近少しずつではありますが、改善されてきています。
学生の頃から、ニキビが出来るそれがきっかけで乾燥肌になり、ニキビが広がっていくという症状だったのですが、個人的にニキビは下手にケアをしない方がいいと思ってきました。

洗顔後、とくに何もすることなくそのままにしていたのですが、やはり乾燥した肌が辛く色々インターネットで調べてケア商品を試してみることにしました。
この方法がとてもよかったようで、今は治りかけた状態になっています。

何もケアをしない方が良い、ということも大切かもしれませんが、人それぞれの肌の状態によってはしっかり保湿ケアを行うことも大切です。
無理に、ニキビをケアすると良くないことはわかりますが、まずは乾燥肌ニキビスキンケアが大切なこともわかりましたし、ニキビを治すことから始めたことで回復してきたのだと思います。

特にひどかったのが、あごニキビです。

しかし、肌の状態は年齢によって変わってきます。
私は昔は今ほど乾燥肌ではなかったのですが、年齢を負うごとに酷くなってきているのは確かです。

年齢や肌の状態に応じて、ケア商品を変えていくことも大切なことだと思います。

ニキビで悩んでいる人は沢山いると思います。その原因がどこにあるのか、そしてニキビが治らない原因はどこにあるのかを冷静にしっかり理解することで、根本的な治療ができるのだと思います。

学生のころからですから、ニキビを治すのにかなり時間はかかりましたが、諦めずに治すことを行って良かったと思います。

倉敷三斎市ライブ

日曜日に倉敷三斎市がありました。三斎市10周年イベントとして各地のグルメ屋台や倉モニダンスイベントなどもあり朝の8時くらいから人が多すぎてびっくりしました。

さて私は今月もこのイベントに参戦するのでした。しかもAKBのコスプレして目立つために!

いきなりのトップバッターが私なのでなんでトップバッターなん?と心配でしたがその不安を払拭できる爆笑ステージだったのは間違いありません。

AKBあり得ない総選挙で10位のラッスンゴレライから4位の仮面女子から第一位の私まで奇抜すぎる総選挙とそれぽいダンスで爆笑でした。

他の演者さんならスマイルマンのパフォーマンスがエキサイティングでした。

オロナミンCとデカビタとを混ぜてオリジナル健康ドリンク一気飲みや途中バック転するパフォーマンスは歓声がどよめきました。

岡山芸人京極さんのおかしな質問をするフリップは、細かい仕掛けがいっぱいあり、さすがはベテランだと思いました。

マイケルジャクソン漫談をされる芸人さんもいました。マイケルらしい奇声「あーおーっ!」と所々叫ぶとことマイケル風にダンスするとこが似てたかもしれません。

スリラーの一部を踊ってくれたらもっと良かったかもしれないです。その他はダイゴローさんというモノマネ芸人の古畑任三郎が本当にそっくりでびっくりしました。

お酒の力

明日も仕事に行かなきゃいけない、って思うと、
もうしんどくって、缶のハイボール、2本目飲んでいます。

この前の人事異動で課長が替わってから、課内の雰囲気が変わってしまって、
会社にいる時間がものすごくしんどい。

(ワタシ的には)課長は、(今のところ)いい人だと思うんだけど、
課で三番目のポジションの社員さんが(もともと私には冷たい人)、
新しい課長と合わないのかなんなのか、
よくそんなにあからさまに不機嫌オーラ全開にできるなあ、ってぐらい。
以前にも増して私にも風当たりが強いし、
課全体が殺伐とした雰囲気になっちゃってる。

8人もいる課で他の7人までが同じメンバーなのに、
誰か一人が代わるだけでここまで雰囲気が変わることもあるものなんだ~って、びっくりしています。
他の人も居心地が悪いのは間違いないけど、
私はその人の機嫌が悪い影響をダイレクトに受けちゃって、
誰にも愚痴ったりしてないけど、私が今いちばん災難だな~って自分で思ってます。

あまりにもすごいから、課長の方が今の私にわからないだけで、
本当はものすごくイヤなヤツなんだろうか?とか考えてしまうけど、
家に帰ってきてまで、考えるのやめよう!!

お酒ってこんな時の為にあるんだろうな。ってこのごろつくづく思う。
明日こそちょっとでも、会社がラクな雰囲気になったらいいなあ。
でも、無理だろうな・・・。
とりあえず、もうちょっと一人でテレビ見ながら何も考えずに
酔っ払い状態を楽しみます。

油断大敵

風邪をひいてしまいました。
原因は自分でもわかっているんです。
それはズバリ、うたた寝です。
ホットカーペットでうたた寝しちゃったんですね。ご丁寧なことにわざわざブランケットにくるまっちゃって、ぐうすか寝てしまったのです。
コタツで寝ると風邪をひく、と言います。あれのメカニズムとしては、もともと眠ると発汗するのに加えてコタツで温められるもんだからさらに発汗しまくって、脱水状態になることから起きるそうです。って言ってもそれだけではないらしいですが。
とりあえず、コタツ風邪はまず喉にくる!
ホットカーペットもたぶんコタツと同じ原理でしょう。起きたら既に喉がイガイガで、とっても痛い!
やってしまった…と後悔しても遅かりし。思いきり油断してしまいました。あぁ、あぁ悲しい。
そしてまたこの風邪がですね、なかなか治らないのです。ズルズルとしつこく付きまとわれています。
朝起きると、とにかく喉が痛い。お昼過ぎたあたりから体温が上がってくると、喉の痛みは少しマシになる。その代わりにサラサラの鼻水が垂れてきて、涙目で頭はぼんやり。熱発かと思って検温してみれば、なんのことはない37度代前半の微熱。
なんかすぐ治りそうだし病院行くのはもったいないかな…なんて言いながら、あれよあれよと1週間が経過。病院、行っときゃ良かったかしら。
しかし、微々たる変化なれど着実に快方へ向かっていると思える。
もう今さら病院行くのも癪だから、自力で治すっきゃない!と意地になっている、今ここです。
もっと若い頃は、ちょっとした風邪なんて1日でねじ伏せるように治せたのに、免疫力落ちてるのですかね。
年には勝てぬ。
しかし可能なうちはね、抗いたいものですよ、本当に。